世田谷区・田園都市線「駒沢大学駅」そばの心療内科・精神科【駒沢メンタルクリニック】

アルコール依存症について

アルコール依存症とは、長期間にわたってアルコールを大量に摂取し続けることによって、アルコールを摂取しないといられなくなる状態に陥る病気のことです。現在、日本では80万人以上がアルコール依存症を患っていると推定されています。アルコールは適量の摂取であれば、深刻な健康被害を引き起こす事はありませんが、大量の摂取を続けると脳の仕組みが次第に変化し、猛烈にアルコールを欲する様になります。
そのため、気持ちの高ぶりや苛々感が生じ、動悸や発汗、手の震え、頭痛、不眠等の身体症状が現れる様になるとされています。なかにはアルコールによる肝障害等を発症するばかりでなく、朝から飲酒をする、仕事中に隠れて飲酒をする等、社会生活に大きな支障をきたすケースも珍しくありません。
アルコール依存症の治療は個人に対する精神療法や、集団精神療法、同じアルコール依存症を抱える人たちの自助グループに参加することで、完全な断酒をすることが目的であり、補助的に薬物療法も用いられきましたが、最近では飲酒量を減らす減酒薬も開発されるようになり、比較的軽症なアルコール依存症の治療も可能となっています。
以前は誰がみても「アル中」だと言う、重症のアルコール依存症患者だけを治療対象とする医療機関が多かったのは事実ですが、最近では社会生活をキチンと送りながら、自分では無自覚のアルコール依存患者が増えています。
ご自身で「最近、アルコールの量が増えた、痛飲した翌朝、前夜の記憶が無い、アルコール飲酒による人間関係の悪化」等を自覚された方は、一度受診されることをお勧めします。
短期的に断酒することは比較的容易ですが、再発しやすいのが特徴で、再飲酒となった場合には、すぐに断酒前の問題ある飲酒パターンに戻ってしまう傾向があります。